toggle
2017-10-22

クリスマスローズの特徴と押し花の難易度

クリスマスローズの「ルーセ ホワイト(Ruse White)」という、美しい白のがく片に赤い点がある品種です。
押し花にすると花姿がはっきとして、内側の赤い模様が際立って美しいです。

ウェルカムボードの額やブーケスタイルの主役に、クリスマスローズをアレンジすると、華やかで上品な作品に仕上がります。

スポンサーリンク

クリスマスローズ christmas rose の押し花

クリスマスローズ christmas rose の押し花

花言葉  私の心を慰めて / 追憶

分類  キンポウゲ科 ヘレボラス属 多年草

クリスマスシーズンに咲きバラに似ている事から、その名前がついたそうです。
クリスマスローズは英名で、日本ではヘレボラス属のニゲルの総称として、クリスマスローズと呼ばれています。
※ 赤い模様のある白い花びら(花弁)の様に見えるのは「がく片」で、本当の花は中心の小さく黄色く咲いている部分です。

押し花作りのポイント
難易度 ★★☆☆☆

葉は乾燥しやすいので、写真の様な状態でにしてそのまま押せます。
花は茎を切り落とし、がく片と花の間にクッションを挟んで押すと、しわにならず綺麗に押し上がります。
がく片が球形状に咲く品種のクリスマスローズは、シワになり易いので押し花には不向きです。

まとめ

クリスマスローズは花が大きいので、ウェルカムボードなどの大きな額を使う作品に使えます。

見頃が終わると花殻を摘むので、それを捨ててしまうのはもったいなくて、押し花にして残したりしました。

うつむきの貴婦人とも言われるクリスマスローズ、名前も姿形も美しい花ですね。

Pocket

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です