toggle
2017-10-23

かすみ草の特徴と押し花の難易度

かすみ草って、細い茎に小さな花がたくさん咲いてるんです。
目立たない花なんだけど、何故か惹きつけられますよね。

かすみ草はメインの花を引き立てて、どんな花とも相性が良いので、フラワーアレンジメントでは添えの花としてよく利用されています。

スポンサーリンク

かすみ草の押し花

かすみ草の押し花

花言葉 清らかな心

ナデシコ科 ジプソフィラ属 耐寒性一年・多年草
別名 ムレナデシコ

押し花の作り方
難易度 ★☆☆☆☆

かすみ草は花がとても小さいので、そのまま押してもきれいに乾燥し、手間がかからず押花にしやすいです。

茎をカットして小分けにしてから押します。
花よりも茎が少し乾燥するのに日数がかかります。

花だけを押す場合は、大きめに咲いている花を選び、花の根元で茎をカットして押します。
写真の様に茎をつけて押す際は、茎の長さを短めにする方が早く乾燥します。

まとめ

かすみ草って地味な花なんですけど、押し花にするとても存在感があるんです。
白い色が綺麗だから作品が明るくなるのです。
暗い色合いの花に白いかすみ草を入れるだけで、全体のバランスが良くなりますよ。

私はかすみ草が大好きです♪
身体が大きいので小さい花に惹かれるだと思います(笑)
見かけたらついつい買ってしまいます。

Pocket

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です