toggle
2017-10-22

エニシダ(金雀児)の特徴と押し花の難易度

エニシダ(金雀児)は、黄色い1cm位の蝶形花が集まって、ひとつの茎に穂状に咲き、葉っぱはとても小さく羽状に整って咲きます。

エニシダは枝を短くカットして少し間引いてから、押し花にします。
ストックしておくと、カードやしおりなどのペーパークラフトや小さな額に、アレンジするのに重宝します。

スポンサーリンク

エニシダ(金雀児)の押し花

花言葉 謙虚・清楚・しあわせな家庭

まめ科 エニシダ属 耐寒性落葉低木
英名  ブルーム(箒・ほうき)

金木犀(キンモクセイ)に似た感じの良い香りがします。

押し花の作り方
難易度 ★☆☆☆☆

エニシダの枝と葉は表面が毛羽立っています。
咲いている状態ですでに表面が乾燥しているので、押し花にしやすいです。

黄色い花は、退色が早いので日光に当てないように注意します。
出来るだけ花や葉が重なり合わない様に、少し間引いておくと早く乾燥します。
間引いた花や葉は乾燥させて、作品にする時に糊でつけます。

写真の様に茎に花と葉がついたまま押しても、乾燥しやすく綺麗に仕上がります。

まとめ

エニシダは常緑の低木。
葉は小さくて、5月から6月にかけて鮮やかな黄色の花が無数に咲きます。

耐寒性があるので花壇や鉢に植えておくと、いつでも押し花にできます。
作品に葉物が欲しい時に便利です。

数本のエニシダを並べて、カードにアレンジしたり、ミニフレームに入れてお部屋に飾ってもおしゃれですよ。

押し花をアレンジしたミニフレームの作り方は、こちらを参考にどうぞー♪

>> 落ち葉を100円雑貨の木製フレームでおしゃれに飾ろう!

Pocket

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です