toggle
2017-10-20

イベリス(キャンディタフト)の押し花

イベリスは小さな花びらがいっぱいついた花の姿形が、まるで砂糖菓子の様なので「キャンディタフト」とも名づけられました。
お花の形だけでなく、可愛いネーミングにも惹きつけられてしまいますねー♪

春から初夏にかけて直径3cm程の円形で傘状の花が咲き、草丈は30cmぐらいまで育ちます。

スポンサーリンク

キャンディタフト(イベリス)

花言葉 心を惹きつける 柔和

アブラナ科 イベリス属 多年草
原産地 地中海沿岸、西南アジア
別名 トキワナズナ

押し花の作り方
難易度★☆☆☆☆

花びらがたくさんついているのですが、花だけ押す場合は間引くなどの下処理をしなくても、も乾燥しやすく、きれいに仕上がります。
手間をかけずに押し花にできて、形も可愛らしいのでイベリスはおすすめです。

白い花の色は、年月が経つと少しずつ褐色になります。

茎と葉がついたままにして押したい場合は、裏側になる花びらを少し間引くと乾燥しやすくなります。
綺麗な正面向きの花を作る場合は、茎を花の根元のぎりぎりカットしてから押します。

イベリスは花つきがよくて丈夫でガーデニング初心者でも育てやすい植物です、お気に入りの鉢で寄せ植えにしても可愛らしいです。

育てて間引いた花を押し花して楽しめますよ。

Pocket

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です